SGFAM さいたま総合診療医・家庭医センター

お問い合わせフォーム

お電話での
お問い合わせ

048-296-5822

さいたまで総合診療医になる


医療生協さいたま
総合診療医・家庭医プログラム

後期研修の概要

埼玉の各地域を土台にして、生涯にかけて総合診療医・家庭医療専門医として研鑽を積める大系の3年間の研修プログラムです。 医療生協の理念をもとに地域組合員とともに歩み、地域の健康の増進に貢献し、自ら目標を持ち学び続ける総合診療医・家庭医療専門医を養成することを目指します。医療生協さいたま全院所を研修施設としますが、必要があれば外部研修も行います。

特徴

1 医療生協の組合員組織を最大限利用し、班会などを通じて患者教育を体験することができる。
2 医療生協の組合員・患者および、多職種からのフィードバックを受ける。
3 診療所、中小病院、総合病院に勤務することで、診療の場に応じたマネジメントを体験できる。
4 総合病院には、各内科専門医と各診療科が同じ医局にいるため、コンサルトしやすい環境である。
5 県内の都市部および地方に数多くの診療所を有し、ニーズに合わせて研修場所を選択できる。
6 往診、介護事業所、老人保健施設、デイケア、回復期リハビリを同一法人内に有し、地域の社会資源を有効に利用できる。
7 研修医同士で月に1回集まって振り返りを行い、研修内容を作り上げることができる。

研修期間

後期研修 3年

研修場所

総合診療専門研修I:12か月:

さいわい診療所大井協同診療所熊谷生協病院秩父生協病院から選択

総合診療専門研修II:6か月

埼玉協同病院埼玉西協同病院熊谷生協病院筑波メディカルセンター病院から選択

内科:6か月

埼玉協同病院

小児科:3か月

埼玉協同病院、または、熊谷生協病院

救急科:3か月

埼玉協同病院で週1日を12か月、または、筑波メディカルセンター病院で3か月

その他:6か月

埼玉協同病院外科、整形外科、皮膚科、精神神経科、在宅診療科など

研修場所

評価システム

  • 月1回、研修医全員が集まって、振り返りを行う。平行して、ポートフォリオの作成も行う。適宜、mini-CEXを用いて振り返りを行う。
  • 年1回、ポートフォリオ、多職種による360度評価を用いて、形成的評価を行う。
  • 年3回、プログラム責任者(あるいはメンター)と面接(目標設定、中間、期末)を行う。

必須の項目として

  • 3年間で最低1回は、症例報告か、臨床研究を行い、学会発表すること。-CEXを用いて振り返りを行う。
  • 資格に関して、内科認定医の試験に合格すること。
  • 後期研修3年目に、家庭医療学会専門医認定試験を受験すること。

プログラム修了時

修了時に、研修に関わった多職種に向けてポートフォリオ発表会を行い、修了時の形成的評価を行う。 mini-CEX、ポートフォリオ、360度評価などを参考に、プログラム責任者と面接を行い、研修修了の判定を行う。

実績

2012年 埼玉
協同病院
埼玉西
協同病院
熊谷
生協病院
秩父
生協病院
さいわい
診療所
大井協同
診療所
月在宅
管理数
150件 54人 50人 23人 80人 65人

2012年 埼玉協同病院 埼玉西協同病院 熊谷生協病院 秩父生協病院
年間入院数 7,576人 824人 651人 239人
平均在日数 13.4日 17.9日 19.1日 68.6日

研修内容

本人の希望と適性を考慮し、1~3年目を組み立てます。初期研修を当院で行ってない場合は、先に総合病院(埼玉協同病院)での研修をお勧めします。総合診療研修IIでは、あらゆる症状、疾患を担当する総合内科病棟(約60床)で研修をします。領域別研修「内科」では各内科病棟(呼吸器内科、消化器内科、糖尿病+循環器+腎臓科)で指導医のもと、初期研修では学べなかった内科の専門的力量を深めます。救急内科外来や予約内科外来を担当し、週1回の割合で継続して研修を行います。どの病棟で、どのくらいの期間研修するかは、研修プログラム責任者と相談して決めます。

  • 領域別研修(小児科)では、健診、予防接種から外来、入院まで幅広く研修を行います。
  • さまざまな環境での医療を経験するために、週1回は固定した診療所・小病院の外来研修を必須とします
  • 週1回、指導医による個別の振り返りを行い、ポートフォリオの作成を支援します。
  • 月1回振り返りを行い、症例検討や家庭医療学の学習を行います。
  • 実技研修(胃カメラ or 腹部・心エコー)を行うことも可能です。
  • 場面に応じて、初期研修医の指導にも当たり、教育・指導の技法を学びます。
  • 全期間を通して、医療生協の班会、医療懇談、患者指導や、健康相談に取り組みます。
埼玉西協同病院 所沢の地方に位置し、近くに医療機関の少ない地域です。
救急医療も担います。隣に100床の老人保健施設があります。
熊谷生協病院 前身は熊谷小児病院で、小児科医療の需要が高い地域です。
療養病棟が併設され、高齢者医療も充実。
秩父生協病院 秩父の山間部に位置し、高齢者率の高い地域です。
療養病棟が併設され、高齢者医療、在宅医療が充実しています。

研修例

病院総合診療医を目指す人のローテーション例  急性期病院中心

1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科研修(埼玉協同病院) 総合診療専門研修II(埼玉協同病院)
診療所あるいは病院の外来研修(週1日)
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小児科研修(協同) 選択期間(埼玉協同病院)
診療所あるいは病院の外来研修(週1日)
3年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
総合診療専門研修I(さいわい診療所、大井協同診療所、熊谷生協病院、秩父生協病院)
救急科研修(週1日×12か月間)埼玉協同病院

家庭医療専門医を目指す人のローテーション例  小病院と診療所中心

1年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科研修(埼玉協同病院) 総合診療専門研修II(西協同病院)
診療所あるいは病院の外来研修(週1日)
2年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小児科研修(熊谷) 選択期間(さいわい診療所、大井協同診療所、熊谷生協病院、
秩父生協病院、西協同病院、埼玉協同病院)
診療所あるいは病院の外来研修(週1日)
3年目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
総合診療専門研修I(さいわい診療所または大井協同診療所)
救急科研修(週1日×12か月間)埼玉協同病院

到達目標

一般目標

  • 医療生協の理念をもとに、地域組合員とともに歩む総合診療医・家庭医療専門医を養成し、地域の健康の増進に貢献し、自ら目標を持ち学び続ける総合診療医・家庭医療専門医となることを目指します。
  • 日本プライマリ・ケア連合学会改訂後期研修プログラム(Ver2)に基づき、下記の能力を統合し、地域の診療所や中小病院での第一線の医療を担う医師を養成します。

個別目標

1

医療生協の組合員組織を最大限利用し、班会などを通じて患者教育を体験することができる。

  • 患者中心・家族志向の医療を提供する能力
  • 包括的で継続的、かつ効率的な医療を提供する能力
  • 地域・コミュニティーをケアする能力
2

全ての医師が備える能力

  • 診療に関する一般的な能力と、患者とのコミュニケーション
  • プロフェッショナリズム(高い倫理性、生涯学習)
  • 組織、制度、運営に関する能力(リソースの活用、マネジメント能力、チーム医療)
3

家庭医がもつ医学的な知識と技術

  • 健康増進と疾病予防(予防保健活動)
  • 幼児、小児、思春期のケア
  • 高齢者のケア
  • 終末期のケア
  • 女性の健康問題
  • 男性の健康問題
  • リハビリテーション
  • メンタルヘルス
  • 救急医療(ERを中心とした)
  • 臓器別の問題(心血管系、呼吸器系、消化器系、代謝内分泌・血液系、神経系、腎・泌尿器系、リウマチ性・筋骨格系、皮膚、耳鼻咽喉、眼)
  • 行動変容
4

教育・研究

  • 教育・指導能力(学生、研修医、患者、組合員、コメディカルに対する)
  • 症例報告や、臨床研究に参加して学会発表する能力
  • スピーチ、プレゼンテーション能力
5

その他

  • 地域での生活を楽しむこと
  • 自己のストレスマネージメント

研修終了後の進路イメージ

ex.1

各科専門医として、一つのサブスペシャリティを極めるための研修を続ける

ex.2

往診専門医として、病院・診療所の往診、外来と病棟医療に従事して研修を続ける

ex.3

ER医師として、ERの医療に従事しながら、病院の外来診療医に従事して研修を続ける。

ex.4

家庭医として、診療所で働きながら、研修を続ける。

ex.5

総合内科専門医として、中小病院で研修医の指導や外来・病棟診療に従事する。

ex.6

総合内科専門医として、総合病院の外来や、総合内科病棟の医療に従事する。

スタッフ

(1)研修プログラム責任者 関口 由希公(群馬大学2000年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
(2)各施設指導医 埼玉協同病院 増田 剛(山梨大学1987年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医
  • 日本内科学会総合内科専門医
稲村 充則(新潟大学1980年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医
  • 日本在宅医学会認定暫定指導医
  • 日本リハビリテーション医学会
     リハビリテーション専門医・指導医
忍 哲也(岐阜大学1996年卒)
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
有田 圭介(鹿児島大学1998年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医・指導医
平澤 薫(弘前大学2000年卒)
  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • AHA認定PALS provider
山田 歩美(東京女子医科大学2008年卒)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医・指導医
埼玉西協同病院 吉野 肇(富山医科薬科大学1982年卒)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
熊谷生協病院 小堀 勝充(信州大学1993年卒)
  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
田中 豊基(旭川医科大学2001年卒)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 日本糖尿病医学会糖尿病専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
宮岡 啓介(金沢大学1994年卒)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
秩父生協病院 山田 昌樹(新潟大学1978年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 日本内科学会認定内科医
吉野 隆之(長崎大学1997年卒)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
大井協同診療所 樫尾 明彦(聖マリアンナ医科大学2004年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療専門医
増山 由紀子(福島県立医科大学2005年卒)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療専門医・指導医
トップへ