SGFAM さいたま総合診療医・家庭医センター

お問い合わせフォーム

埼玉協同病院
(SGFAM宛)

048-296-4771


総合診療医・家庭医
研修プログラム

研修プログラムについて

医療生協さいたまには1つのセンター病院、3つの拠点病院、8つの診療所、県内各地域に介護事業所があります。
センター病院である埼玉協同病院には「総合診療専門医」を育成する研修プログラムがあり、
県内の拠点病院、診療所と連携をしながら研修プログラムを運営しています。
「総合診療医」「家庭医療専門医」を志望する方、地域医療を実践、
プライマリ・ケアを実践したい方、埼玉で一緒に学びましょう。

日本専門医機構認定 総合診療専門医

さいたま総合診療医・家庭医センター
埼玉協同病院 総合診療医プログラム

2018年度より19番目の専門医として総合診療専門医の研修が開始されます。
医療生協さいたまでは埼玉協同病院を基幹施設として総合診療専門医の育成を進めます。患者さんの抱える健康問題を包括的に捉える総合診療医はこれから益々活躍の場を広げていくことになります。(詳細はSKYMETホームページへ)

研修プログラムmemo

日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療専門医研修プログラム(ver2.0)

2017年度以前に初期研修を修了された方はこちらのプログラムになります

医療生協さいたま 総合医・家庭医プログラム

埼玉の各地域を土台にして生涯にかけて総合診療医・家庭医療専門医として研鑽を積める3年間の研修プログラムです。
医療生協の理念のもとに地域組合員と共に歩み、地域の健康の増進に貢献し、自ら目標を持ち学び続ける総合診療医・家庭医療専門医を養成するこ とを目指します。
医療生協さいたまの教育病院、教育診療所を研修 施設とし、優れた指導医のもと、学び続けることができます。

研修プログラムmemo2

秩父生協病院 地域で必要とされる医師になるための家庭医療後期研修プログラム

このプログラムは主に中小病院で研修を行います。家庭医として身につけたい総合的・包括的・継続的な医療を病棟⇔外来⇔在宅のフィールドで学ぶことが大きな特徴です。また、埼玉県で医療資源の乏しい地域である秩父地域、 熊谷地域を中心にしたプログラムでもあり、総合診療医・家庭医のスキルを十分に発揮できる地域での医療活動となります。 地域包括ケアシステムを視野にいれ、常に医療と介護・保健福祉をつなぐ、この地域で家庭医に必要な能力を十分に学べる研修プログラムになっています。

研修プログラムmemo3
トップへ