SGFAM さいたま総合診療医・家庭医センター

お問い合わせフォーム

埼玉協同病院
(SGFAM宛)

048-296-4771

『IPW』のすヽめ


あなたと仲間とのIPWを見つけてみませんか?

『IPWのすゝめ』は医療生協さいたまさいたま総合診療医・家庭医センター(通称:SGFAM)が企画開発したIPW(専門職連携実践)の実習の教育カリキュラムです。通常の現場実習にIPWの要素・視点・思考に加え、地域医療現場のIPW実践者と一緒に学ぶ内容になっています。

IPWイメージ

学生のみなさまへ

学生のみなさん、はじめまして。最近は「チーム医療」や「多職種連携」の必要性については授業の中で、あるいは臨地実習の中でわかっている方も多いと思います。現場の中でこそIPWの実践力は必須です。
でも、能力の高い人が集合すればいいチームになるわけでは決してありません。
「チームになっていく」プロセスが必要です。このプロセスを現場の中で、多学科のみなさんと私たち専門職が一緒に体験的に学ぶチャンスがこの研修です。楽しく学び、変化をつくる・・・そんな仲間になりませんか。

医療生協さいたま 総合診療医・家庭医センター センター長 関口 由希公

『IPWのすゝめ』
プロジェクトリーダー
小野寺由美子(看護師)

IPW(専門職連携実践)実習とは

皆さんが将来働くであろう医療・介護現場は、超高齢社会、格差社会という背景の中、複雑で困難な事例が多数存在します。目の前の患者さんに対し良いケアをしたいという思いは誰もが同じです。しかし、その問題をたった一人で解決することは不可能であり、多様な専門性をもったチームで対応していくことが望まれています。
この実習は学生の皆さんにIPWの定義「複数の領域の専門職者が連携およびケアの質を改善するために、同じ場所で共に学び、お互いから学び合いながらお互いを学ぶこと」を意識し、より現場に近い連携実践を体験してもらう実習となります。
地域包括ケア時代の中で、益々需要が高まる連携実践を、地域を基盤にした医療・介護の現場で学べる貴重な機会です。
ぜひ、多くの医療介護系学生さんが当センターのフィールドを活用してくれることを心待ちにしています。
一緒に学び合いましょう! 学年、学科は不問です。お問合せ、参加お待ちしています!!

実習スケジュール(例)

※実習はこれらを組み合わせて行います。

朝(8:30開始) 午前 お昼 午後 振り返り
朝会参加
院内案内
IPWレクチャー
院内実習
地域実習
地域の皆さんとの懇談、
昼食
地域診断
患者さんインタビュー、
ケア会議
リフレクション
NextStep

実習内容(例)

Learn with,from,and about each other.

~同じ場所で共に学び、お互いから学び合いながら、お互いを学ぶこと~

知識を学ぶ

レジデント写真02

実習では、IPW総論のレクチャーから始まります。「IPW/IPE」の歴史から、IPW実践に必要な要素などをレクチャーします。

仲間と学ぶ

レジデント写真03

実習は複数の職種の学生さんと一緒に行います。それぞれの職種と交流する中で、職種による価値観、考え方の相違を知り、改めて自身の職種について省みることを実習します。

実践者と学ぶ

レジデント写真02

現場には多くのIPW実践者がいます。実践者と一緒に学ぶ中で、実際に現場や地域で行われている連携実践を体験します。実践者(職員)が、どのようなことを考え、実践しているかを間近で見れるチャンスです。

地域で学ぶ

レジデント写真03

IPWは医療者・介護者だけのものではありません。常に患者さん、利用者さんを第一に考えたケアが連携実践の鍵となります。地域住民と一緒に学ぶ実習は『IPWのすゝめ』の一番の特徴です。

トップへ