SGFAM さいたま総合診療医・家庭医センター

お問い合わせフォーム

お電話での
お問い合わせ

048-296-5822

SGFAMとは


あいさつ

医療生協さいたま協同組合では、2014年4月にSGFAM(さいたま総合診療医・家庭医センター)を立ち上げました。 「SGFAM」とはSaitama Center for General and Family Medicineの略称です。

SGFAMは、医療生協さいたまの総合病院で働く総合医と診療所で働く家庭医が連携し、お互いの長所を生かしながら、それぞれの力量をレベルアップさせることを目的に設立されました。 埼玉の家庭医・総合医を増やすために活動をしていきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

医療生協さいたま 総合診療医・家庭医センター センター長 関口 由希公

医療生協さいたま
総合診療医・家庭医センター
センター長 関口 由希公

SGFAMの目的

1
教育

医療生協さいたまの全事業所をフィールドにした「総合医・家庭医」として研修や実践を希望する医師に研修を提供します。その他、在宅専門医研修(在宅医学会認定)、病院総合医(PC連合学会・試行事業)、診療所副所長を経験する「診療所マネジメントプログラム」、「子育て女性医師支援診療所勤務プログラム」などの研修プログラムも提供します。

2
研究

診療所と総合診療のチームで疫学調査を行い、学会発表などの学術活動を促進します。

3
臨床

年4回、病院総合医と診療所の家庭医で学習会を開き、診療の質を改善させます。

4
交流

埼玉県内の総合医・家庭医の研修施設と連携して、学習会と交流を行います。
また多職種との交流をする中で、共に学び合う関係性をつくります。

SGFAM開設までの歴史

2009年 日本プライマリ・ケア連合学会の認定後期研修プログラム(ver1)の認定を受けました。
2012年 埼玉協同病院(センター病院)に総合内科病棟50床を開設しました。 各科専門医と協力しながら、幅広い疾患・患者さまの診断と治療、そして初期研修医の教育に対応しています。
2013年 家庭医療専門医試験でセンター初の合格者を出しました。
在宅医療専門医(在宅医学会認定)の研修医を受け入れました。
2014年 日本プライマリ・ケア連合学会の認定後期研修プログラム ver2に準拠。
4月にSGFAMを開設しました。
2017年 現在、4名のレジデントが研修中です。

医療生協さいたま生活協同組合とは

医療生協さいたま生活協同組合は、医療・介護の事業を行っている生協(生活協同組合)です。県内24万人の組合員さんが出資金を出し合って運営しています。 埼玉県内に8つの診療所、3つの中小病院、1つのセンター病院、2つの歯科診療所、2つの老健、17の介護事業所をもち、地域で組合員さんとネットワークをつくっています。

トップへ